自分に合う学校を探す|ネイリスト検定やメイク専門学校で夢へ前進【ノウハウを学ぼう】|Expert

どっちになりたいかでメイク専門学校のコースは決まる

自分に合う学校を探す

化粧品

メイクアップアーティストになれるコース

ヘアを整えたり、メイクを施したりする人をメイクアッパーティストと呼んでいます。主な活躍場所は雑誌、メディアの特集などで人気者になるとショーにも呼ばれるようになります。元々、ヘアスタイルを整える人とメイクを担当する人に分かれますが、日本人はとても器用な人が多いので、両方のスキルを磨きながら行うカリキュラムが一般的です。

サロンで活躍する場合

有名人ではなく、一般人を相手に商売をするメイサロンは日本や世界で活躍する有名なメイクアップアーティストと若干仕事内容が違います。メイクサロンの仕事は眉を美しく整えたり、また、フルメイクやアイメイクなどお客さんの要望通りに施すことをメインとします。ただ、こうした経験が後に大きな夢へと変わるのでスキルと経験を積む場所として最適です。

アドバイザーの仕事

化粧品を販売するためには商品一つひとつの知識を取り込む必要があります。もちろん、メイク専門学校でそれらを学ぶことができます。活躍場所はデパートにある化粧品コーナーでしょうか。メイクの方法や化粧品の使い方などをお客さんの悩みと照らし合わせながらアドバイスします。また、実際にメイクをすることも求められるでしょう。